子供 歯 黄ばみ 歯磨き粉

子供の歯の黄ばみを除去する歯磨き粉【適した選び方で綺麗な歯へ】

子供の歯の黄ばみを除去する歯磨き粉【適した選び方で綺麗な歯へ】

ここでは、子供の歯の黄ばみを除去できる歯磨き粉をいくつか紹介すると共に、子供に適した歯磨き粉の選び方も紹介します。

 

歯磨きが苦手の子供も多いので、どうしても歯に汚れが残ってしまって黄ばんでしまったり、虫歯になってしまう子供が多い!ですが、適した選び方で歯磨き粉を選び、歯磨きを心がけることで付着したステインは落とされ、黄ばみを除去することができます^^

 

自宅で簡単に子供の歯の黄ばみを落としてあげたい!黄ばみを落とせる歯磨き粉で虫歯予防もしたい!とお考えの方は是非参考にしてください。

 

 

子供の歯の黄ばみを除去する歯磨き粉【目次】

 

子供の歯の黄ばみを除去する歯磨き粉の適した選び方!

子供の歯の黄ばみを除去する歯磨き粉【適した選び方で綺麗な歯へ】

先ず子供に合う黄ばみを除去できる歯磨き粉の選び方を紹介していきます。

 

色んな歯磨き粉が販売される中でどれを選ぶべきなのか分からない方はもちろんこと、これからの子供の歯の黄ばみ除去や予防、虫歯対策のために知識を得たい方は参考にしてください。

 

研磨剤入りの歯磨き粉はなるべく選ばない!

市販の歯磨き粉に研磨剤が入っているのはもはや当たり前ですが、子供の歯にも研磨剤入りの歯磨き粉はおすすめできません

 

大人の歯の黄ばみを落とす歯磨き粉にも研磨剤が入っているのは一般的ですが、研磨剤が入っているということは少なからず紙ヤスリで歯を磨いているのと同じなんです。

 

歯を削ってしまうと当然のことながら歯には傷が付きます。

 

【一般的な研磨剤一覧】
重質炭酸カルシウム・シリカ・酸化チタン・含水ケイ酸・無水ケイ酸・卵殻・歯磨用リン酸水素カルシウム・水酸化アルミニウム・炭酸カルシウム・炭酸ナトリウム・酸化チタン・マイクロクリスタリンワックス・リン酸2Ca・リン酸水素カルシウム・リン酸水素ナトリウム・ヒドロキシアパタイト・ピロリン酸2Ca・ピロリン酸カルシウム・ピロリン酸ナトリウム

 

など沢山の種類がありますね^^;歯磨き粉の裏面や、歯磨き粉の箱の裏面に上記のような成分名で表記されています。清掃剤や基材と書かれた欄に表記されていることが多いですね。

 

 

その傷(溝)に汚れは付着しやすく、余計に黄ばむ原因にもなるし、歯を保護しているエナメル質も傷付けてしまうので、虫歯の原因にもなってしまいます。また、人体に影響が無いとされていますが、無害では無いので、うがいが上手くできない子供は飲んでしまう可能性もあるので、そういった意味でもおすすめできません。。

 

もし研磨剤入りの歯磨き粉を選ぶのであれば、優しく磨く・磨きすぎないを心がけましょう!

 


また、重曹をすすめる情報もネット上にはありますが、重曹の研磨粒子も大きくて歯を傷付ける原因になるので、こちらも控えた方がいいでしょう。

 

子供の歯の黄ばみ除去にはステインを浮かせて落とせる歯磨き粉がベスト!

別に研磨剤で大事な歯を削らなくても、歯を傷付けずに浮かせて落とせるタイプの歯磨き粉は存在します!

 

歯を大事な歯を傷つけることなく、付着した飲み物や食べ物のステインを天然成分のチカラによってしっかりと除去することができます。こういったタイプの子供にも使える歯磨き粉が今人気を呼んでいます♪

 

子供の歯は大人の歯よりも随分と弱く、研磨剤入りの歯磨き粉で磨いているとすぐに白くなります。弱いから削れやすいんですね。。削ることで虫歯になりやすくなりますし、削れ過ぎている証拠として知覚過敏になっている子供も最近では良く見かけます。

 

冷たいアイスを食べて歯にしみている子はわかりやすいですね。

 

研磨剤が入っていない歯磨き粉ならステインの再付着防止や口臭予防に加えて、歯を削らないことで自然な再石化の働きも邪魔しないので、虫歯予防にも効果的です。

 

飲み込んでしまっても悪影響の無い歯磨き粉が◎

うがいが上手にできなくて、口の中の歯磨き粉の泡などを飲み込んでしまう子もいらっしゃいますよね。

 

悪影響は少ないとされていますが、研磨剤や着色料、香料などの化学薬品が沢山入った歯磨き粉を飲んで無害だとは考えにくいです。

 

子供は様々なものに対しての抵抗力が低いので、ちょっとしたことでも心配です。

 

そんな幼い子どもが安全に使うことができるようにオーガニックな歯磨き粉や、天然成分が沢山入っているような歯磨き粉を選ぶのも大切です。

 

ここでは安全性に優れ、なおかつ子供の歯の黄ばみをしっかりと落とすことができる歯磨き粉をいくつか紹介しますので、是非参考にしてください。

 

子供の歯の黄ばみを除去するおすすめの歯磨き粉

完全無添加で子供も大人も使える「はははのは

子供の歯の黄ばみを除去する歯磨き粉【適した選び方で綺麗な歯へ】

初回価格

2回目~の価格

最安値

1,980円

2,980円

定期購入

安全性

効果

ホワイトニング効果

ホワイトニング・着色防止・朝のネバネバ防止・虫歯予防・歯周病予防・口臭など。

研磨剤・漂白剤・発泡剤・着色料などが一切入っていない完全無添加な歯磨き粉が「はははのは」の最大の特徴!

 

植物性の天然成分で歯の黄ばみを浮かせて落としてくれるから歯を傷付けることなくホワイトニング効果を得ることができます♪親子で使えるホワイトニング歯磨き粉として主婦層から注目が集まっており、人気を呼んでいます^^

 

また、歯が黄ばみやすい妊婦さんにも使用可能ですし、飲み込んでしまっても影響が無いので、うがいが苦手な幼いお子様にもおすすめできる歯磨き粉です。

 

子供の歯の黄ばみを除去できる歯磨き粉をお探しの方は先ず「はははのは」をチェック♪

 


【特典について】

  1. 10日間の返金保証付き!
  2. 定期コースはいつでも解約OKで利用しやすい!

 

ホワイトニング効果を持つ歯磨き粉で、安全性にすぐれたものの中でも特にコスパが良く、継続しやすいのもおすすめのポイントです。
公式ぺージでは基本的に大人の女性を対象にしていますが、子供の歯の黄ばみ除去にも安心して利用することができます♪

 

子供の歯の黄ばみを除去する歯磨き粉【適した選び方で綺麗な歯へ】

 

子供の歯磨きに最適な子供用ブリアン

子供の歯の黄ばみを除去する歯磨き粉【適した選び方で綺麗な歯へ】

初回価格

2回目~の価格

最安値

3,919円

4,980円円

定期購入

安全性

効果

ホワイトニング効果

朝のネバネバ防止・虫歯予防・口臭予防・歯磨き促進

子供用ブリアンは子供の歯磨きを促進させるために開発された、まさに子供のための歯磨き粉です♪

 

完全無添加はもちろんのこと!泡だ立たなくてブクブクしないから磨きやすいし、歯磨き特有の変な味もしない。しかも子供の虫歯を防ぐことができる善玉菌を配合しているので虫歯予防にも歯石除去にも最適!

 

今付着している黄ばみ除去の効果は物足りなさを感じるかもしれません。ですが、自然なオリゴ糖と乳酸菌の甘さで歯磨きを促進することができるので、自分から進んで歯磨きをやりたがる子供が続出で話題となっています。

 

しっかりと歯磨きをしても歯を傷つける心配も無いので、どれだけ磨いても安心♪しっかりと継続することで自然に歯のステインを除去でき、白さへと導く効果もあるのでおすすめ!

 

※「はははのは」を使って黄ばみを落とした後は、子供用ブリアンで自分から進んで歯磨きを行なう習慣を見に付けてもらうのがいいと思います^^

 


【特典について】

  1. 60日間の返金保証付き!
  2. 定期コース2回縛り。

 

定期初回は49%OFF。2回目以降は30%OFFで継続しやすいのもポイント。

 

 

子供の歯の黄ばみを除去する歯磨き粉【適した選び方で綺麗な歯へ】

 

天然成分のチカラで黄ばみを除去!プレミアムブラントゥース

子供の歯の黄ばみを除去する歯磨き粉【適した選び方で綺麗な歯へ】

初回価格

2回目~の価格

最安値

3,980円

4,980円

定期購入

安全性

効果

ホワイトニング効果

ホワイトニング・着色防止・朝のネバネバ防止・虫歯予防・歯周病予防・口臭など。

パパイヤ・ココナッツオイル・茶カテキン・ウーロン茶葉エキスなどの天然成分で作られた安全性に優れた歯磨き粉です♪

 

歯の黄ばみを浮かせして溶かすようにして除去してくれる効果で高いホワイトニング効果を発揮します!子供の歯の黄ばみの原因は、食べ物や飲み物による着色成分の付着や、磨き残しが原因ですが、プレミアムブラントゥースならそれをしっかりと洗い落とすことが可能です。

 

もちろん発泡剤も入ってないですし、飲み込んでも大丈夫なので、子供の歯ブラシに少しだけ歯磨き粉を付けてあげて自由にブラシングさせてあげてください^^

 

味も臭いもほとんど感じることが無いので、味を嫌って歯磨きを嫌がる子供にもおすすめ!また大人も使用できるので、一緒に歯磨きをしてあげるといいでしょう。

 


【特典について】
90日間の返金保証付きで購入可!

 

ホワイトニング効果が高く、数日の使用で白さを実感できるのが◎。とにかく黄ばみを落とすなら非常におすすめ!

 

 

子供の歯の黄ばみを除去する歯磨き粉【適した選び方で綺麗な歯へ】

 

迷ったらこれ!子供の歯の黄ばみ除去なら「はははのは」!

子供の歯の黄ばみを除去する歯磨き粉【適した選び方で綺麗な歯へ】

市販のものは研磨剤も入っているからおすすめできませんし、子供も使用できるホワイトニング効果のある歯磨き粉って実はものすごく少ないんですよね^^;

 

でもそんな中、大人も子供使えるホワイトニング歯磨き粉として販売を開始したのがこの「はははのは」になります!ちなみに私も使用していますが、味や刺激はほとんどありません。

 

使いごとに黄ばみは落とされて白い歯に導いてくれるので、大人にも子供にもおすすめです。うちの子は5歳で、一緒に使っていますが、嫌がらずに一緒に歯磨きしてくれていますよ^^ホワイトニング効果もバッチリで滑らかな綺麗な歯を維持してくれています^^

 

是非参考にしてください。

 

 

子供の歯の黄ばみを除去する歯磨き粉【適した選び方で綺麗な歯へ】

 

それって本当に歯の黄ばみ?子供の永久歯は乳歯よりも黄色いって知ってますか?

子供の歯の黄ばみを除去する歯磨き粉【適した選び方で綺麗な歯へ】

あれ?なんか歯黄色くない!?

 

と気になる親は沢山いらっしゃるようですが、そもそも歯は真っ白いものでは無いですし、乳歯よりも永久歯の方が黄色い色も濃いんですよ!知っていましたか?

 

白くないとダメ!白いのが綺麗!というイメージなので、黄色いと心配になるのも分かりますが、そもそも歯は真っ白いものでは無いということと、永久歯は乳歯よりも黄色さが濃い!と認識するのが大事です。

 

下記で解説しますのでご覧ください。

 

乳歯よりも永久歯の方が黄色く見える理由

子供の歯も大人の歯も基本構造は同じで、エナメル質の内側に象牙質、そのもっと内側に歯髄(しずい)という感じでいくつもの層で構成されています。

 

外側のエナメル質は乳歯の時には半透明で白っぽい色をしていますが、永久歯になると透明度が増して白っぽさは抑えられます。内側の象牙質は乳歯の時から黄色なんですが、乳歯の間は外側の半透明のエナメル質によって白く見えるので、黄色っぽさは目立ちません。

 

ですが、永久歯になるとエナメル質は透明度が増して内側の象牙質の黄色が少し目立つようになってきます。これが乳歯よりも永久歯が黄色に見える理由です。

 

これを気にして子供の歯を心配される方も多くいらっしゃいますが、先ずは落ち着いて観察してあげてください。仕上げの歯磨きをしてあげている時に毎日見ていると段々とナチュラルな白い歯と、着色によって黄ばんできている歯の違いが分かってきます。

 

その上で子供の歯の黄ばみが心配で、歯磨き粉で黄ばみを落としてあげたいとお考えの方は黄ばみを落とせる歯磨き粉を選択しましょう。

 


もし黄ばんでいると思っていた歯がナチュラルな白い歯だった場合に、研磨剤入りの歯磨き粉でガリガリ磨いてしまっているのは問題ですが、当サイトで紹介している研磨剤が入っていない歯磨き粉であれば歯を傷付けることなく安全に利用することができるので、そういった意味でもおすすめです。

 

乳歯と永久歯で歯の色が違って見える理由も、歯は真っ白ではなく少し黄色が入った色をしていると理解した上で、子供の歯の黄ばみを落とす歯磨き粉が必要な場合は参考にしてください。

 

 

子供の歯が黄ばむ原因ってなに?対策方法は?

子供の歯の黄ばみを除去する歯磨き粉【適した選び方で綺麗な歯へ】

子供の歯の黄ばみの原因となっているのは主に「食べ物」や「飲み物」による歯への着色が原因になっていることが多いです。

 

ぶどう・ココア・チョコレート・添加物入りのお菓子・ケチャップ・ソース・ほうれん草・カレー(などの香辛料)・お茶など飲み物や食べ物に含まれる成分がエナメル質やプラーク層にくっついて黄ばみを発生させています。

 

子供の歯の黄ばみの原因も大人と対して変わりは無いんです。

 

また乳歯から7歳~8歳になる頃までに、抗生物質(テトラサイクリン系)を長い期間に渡って服用した場合に歯の内側の象牙質の黄色が濃くなることがあるようです。主にこの抗生物質はマイコプラズマ肺炎などで処方されることがあるようですが、

 

象牙質の黄色が濃くなったからといって問題はないので、ご安心ください。子供の歯の黄ばみの原因の大半は食べ物や飲み物による影響が原因です。下記で簡単な予防方法を紹介しますので参考にしてください。

 

 

食後のうがいで黄ばみを予防!

1番簡単なのは、飲食後にこまめに水でクチュクチュぺっ!とうがいをすること。これをするだけで随分と黄ばみの侵攻を防ぐことができます。

 

ですが、飲食後に毎回うがいをさせるってちょっとむずかしいかもしれませんね^^;

 

歯の黄ばみを防ぐ食べ物を与える!

歯の汚れを落としたり、予防できる食べ物を紹介します。食べてすぐに歯が白くなる!食べ続けていたら歯が白くなった!というような効果ではなく、あくまでもここでは「着色(黄ばみ)を予防できるもの」として紹介致します。

 

おやつや食事のあとのデザートとして出してあげるといいかもしれません^^

 

リンゴ

リンゴに沢山含まれているリンゴ酸は、歯の表面に付着しているステインや着色を落とす効果と予防する効果があります。研磨剤が入っていない液状タイプの歯磨き粉にはリンゴ酸が配合されている商品も数多く存在します^^

 

リンゴ以外なら梨やイチゴにもリンゴ酸が含まれているようです。

 

 

パパイヤ

パパイヤにはパパインという成分が含まれているのはご存知ですか?パパインの特徴はタンパク質を分解することなんですが、この効果によって歯に付着したタンパク質の汚れも分解して落としてくれます。

 

近年セレブの中でも人気のプレミアムブラントゥースにも「はははのは」にもパパインは配合されていたりします^^

 

 

パイナップルやオレンジ

パイナップルとオレンジにはブロメラインという成分が含まれています。この成分にも歯に付着した汚れや黄ばみを落とす効果があると言われています。パイナップルやオレンジならデザートとしても比較的出しやすいと思うので、ご近所さんにもらったり、購入した時には出してあげるといいでしょう^^

 

 

チーズ

チーズにはリン酸カルシウムという成分が含まれていて、これにはエナメル質を保護する効果があったりします^^

 

チーズ好きな子供なら好んで食べてくれるので、おやつとして出してあげるといいかもしれませんね!でもカロリーも高いので量には要注意!

 

 

なのでやはり大事なのは、夜寝る前の歯磨き!

やはり1番の予防方法は夜寝る前の歯磨きです。特に幼い間の仕上げの歯磨きはできるだけ念入りに行なう方がいいでしょう。

 

また、仕上げの歯磨きをいつまでしてあげるべきなのか?という質問が飛び交うことがあるようですが、私はしてあげれるまでしてあげるといいと思います。理由は物心が付いてくると子供は勝手に親から距離を取り初めます。(そうしない子もいると思うけど。)

 

しっかりと歯磨きを行えるようになるまでしては仕上げの歯磨きはしてあげるといいでしょう。

 

夜の寝ている時は唾液の分泌量も減り、エナメル質やプラーク層に入り込んだ汚れが定着する時間帯でもあります。寝る前にしっかりと歯磨きをすることで、日中に付着した汚れを除去できますし、虫歯予防にもなります^^寝る前の歯磨きは本当に大切です。

 

しっかりと予防も含めて夜の歯磨きを行いましょう♪

 

 

子供の歯の黄ばみを落とす歯磨き粉で歯磨きをする!

子供の歯の黄ばみを除去する歯磨き粉【適した選び方で綺麗な歯へ】

画像の歯はコーヒー・赤ワイン・タバコのヤニといった子供には縁の無い、大人の嗜好品による歯の黄ばみを表したものですが、歯が黄ばんでしまう度合いは、子供が口にするケチャップ・ぶどう・ココア・チョコレート・ソース・カレーなどの食べ物とそこまで変わりありません。

 

黄ばみは日々の蓄積によって生まれ、色も濃くなっていきます。

 

ですが、黄ばみを落とせる歯磨き粉を用いるとAFTERの写真のようにワントーンもツートーンも歯の色を白くすることができます^^

 

ちゃんと効果を発揮してくれる歯磨き粉を使えば子供の歯の黄ばみだって安全に綺麗に落とすことができるのです♪

 

 

 

 


このページの先頭へ戻る